teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

  1. 足あと帳(0)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


安倍内閣総辞職を求めてハンスト中

 投稿者:藤森治子  投稿日:2018年 6月 4日(月)00時42分58秒 220-158-79-110.nagano.fdn.vectant.ne.jp
返信・引用
 

6月4日(月)0時から、安倍内閣総辞職を求めて、ハンスト中です。

何だか急速に安倍政権批判が縮小していくような気がします。このまま有権者はこの腐った政治を許すのでしょうか。

「あなたがすることのほとんどは無意味であるが、それでもしなくてはならない。
そうしたことをするのは世界を変えるためではなく、 世界によって自分が変えられないようにするためである」

無力感に打ちのめされ、今日のハンストこそ、このガンジーの言葉のように「世界によって自分が変えられないようにするために」行うことになりそうです。

 
 

安倍内閣総辞職を求めてハンスト中

 投稿者:藤森治子  投稿日:2018年 5月28日(月)02時29分3秒 220-158-60-177.nagano.fdn.vectant.ne.jp
返信・引用
 

5月28日(月)0時から、安倍内閣総辞職を求めて、ハンスト中です。

今年の山法師は、白い花(包)がひときわ白く大きくて見映えがします。春の花すべてが開花が早かったのに、山法師だけは季節通りに、ミズキ科のしんがりをつとめています。

さて、今日はまた鬱陶しくも、嘘の上に嘘を重ねるような答弁を聞かなければなりません。午前中は参議院、午後は衆議院のようで、NHKは中継有りです。

 

安倍内閣総辞職を求めてハンスト中

 投稿者:藤森治子  投稿日:2018年 5月21日(月)14時47分38秒 120-51-86-35.nagano.fdn.vectant.ne.jp
返信・引用
 


5月21日(月)0時から、安倍内閣総辞職を求めて、ハンスト中です。

昨日は夜明けから夕方まで、一日中鳴き続けたカッコウ。身の落ち着き先が定まったか、今日はまだ一声もなく静かです。「鳴いて血を吐くホトトギス」といいますが、カッコウもホトトギスと同じ「子育て放棄の托卵系」の鳥です。あのくらい、一日中鳴けば、喉が切れて「血を吐く」のではないかと心配されるのも無理からぬこと。人間には、のどかですっとぼけた鳴き声に聞こえても、カッコウにとっては種保存の必死の叫びであるのかもしれません。

社会学者・宮台真司が『「安倍が敵じゃないぞ、安倍に任せても大丈夫と言っている人が敵だぞ」』とのこと。自民党・公明党の議員たち、それぞれの支持者たち、本当に安倍さんでいいの?

 

安倍内閣総辞職を求めてハンスト中

 投稿者:藤森治子  投稿日:2018年 5月14日(月)15時34分3秒 163-139-243-18.nagano.fdn.vectant.ne.jp
返信・引用
 

5月14日(月)0時から、安倍内閣総辞職を求めて、ハンスト中です。

「五月晴れ」なんて言葉を忘れてしまったような今年の5月です。躑躅が咲き盛り、バラは薫り高く花開き、梔子の蕾も膨らんできましたが、お天気だけが晴々とせず、まるで梅雨に入ってしまったようです・・・・とここまで書いて、用事で外出したら、外はまるで夏。ついでに寄った公園では、なんじゃもんじゃの花が今を盛りに白い房になって咲いていました。ユリノ木の花もランプのような花をぽっかりと開いていました。

政治も双方手詰まり状態で、国会中継ももう一つ迫力に欠けます。こんな鬱屈した日々には、むかし読んだフランシス・ジャムのやさしい詩集を引っ張り出して、19世紀末の田園に、木苺摘みや、風に揺れるオダマキやリラの花、驢馬や家鴨のいる村を想像しながら、心の洗濯をするのによい日です。

 

参加報告

 投稿者:末延芳晴  投稿日:2018年 5月10日(木)09時39分55秒 softbank126091120235.bbtec.net
返信・引用
  5月9日正午から、148回目の「9の日・9条・ハンストイン」に参加しています。

可計学園問題をめぐる疑惑で、柳瀬元首相秘書官の国会招致がようやく決まり、先ほどから衆議院予算委員会で質疑が始まったようです。肝心のところでは、「記憶にない」を連発して、関与をあいまいなままに終わらせ、幕引きを図ろうというのが政府・与党の筋書きなのでしょうが、
それを許すかどうかは、野党側の質疑で、問題の核心にどこまでせまれるかと、政府・与党の思惑通り、柳瀬氏が「記憶にない」と言い逃れ、「これですべては終わった」と、幕引きを図ろうとしても、国民世論とメディアが、「それはダメ!」と、引き続き真相の解明と、安倍首相の辞任を強く要求し続けることができるかにかかっているように思います。

国民世論とメディアが、「もう何回も参考人招致や証人喚問をしたのに、真相は解明されなかったのだから、もうこのへんでいいや」と匙を投げてしまい、野党の無力さを責めるようになってしまっては、これまで野党と国民と、メディアが力を合わせて、安倍辞任、安倍内閣退陣を求めて積み上げてきたものの全てが、瓦解することになってしまう。そして、安倍首相はこの難局を乗り切ったことで勢いづき、憲法改革に向けて、こんどこそ死に物狂いで総攻撃を仕掛けてくるはずです。




 

第148回「9の日・9条・ハンスト・イン」に参加します

 投稿者:藤森治子  投稿日:2018年 5月 9日(水)11時04分55秒 220-247-63-211.nagano.fdn.vectant.ne.jp
返信・引用
 

第148回「9の日・9条・ハンスト・イン」に正午から参加します。

八部どおりまでは追い詰めたと思うけれど、あとの二部がきつい所ですね。
いつもいつも裏切られてばかりなので、つい諦めのため息が出ますが、それこそが権力の狙うところなのでしょうね。もはや意味をなさない支離滅裂な言語を呟くことしかできない政権内閣ですが、まともに耳を傾ける必要はないと思います。そういう段階はとうに過ぎています。「いつ退場してくれるのか」、それだけを求めて声を挙げ続けましょう!

 

安倍内閣総辞職を求めてハンスト中

 投稿者:藤森治子  投稿日:2018年 5月 7日(月)02時07分14秒 122-103-204-187.nagano.fdn.vectant.ne.jp
返信・引用
  5月7日(月)0時から、安倍内閣総辞職を求めて、ハンスト中です。

「憲法施行から70年の節目にあったこの1年で、はっきりしたことがある。それは、安倍政権が憲法改正を進める土台は崩れた、ということだ。」(5/3朝日社説)

こんな社説が出るようになって少しホッとしています。
 

安倍内閣総辞職を求めて、ハンスト中

 投稿者:藤森治子  投稿日:2018年 4月30日(月)02時36分54秒 163-139-243-182.nagano.fdn.vectant.ne.jp
返信・引用
 

4月30日(月)0時から、安倍内閣総辞職を求めて、4月最後のハンスト中です。

暑い、寒い、といっているうちに季節は例年より早く進み、今日はもう白いつるバラが1輪咲きました。半月は早いです。昨秋かなり大胆に剪定をしたので、今年は花数は少なそうですが、しばらく楽しめます。同じように昨秋丸坊主にされた正面の欅は、枝が出て、葉がついて、風にそよそよとしています。本当に再生力が強く、見れば、元気が出るような欅です。

総理は、また中東方面へ外遊ですが、この「学級崩壊」状態になってしまっている政治をほったらかしてどうするつもりでしょうか。
?

 

安倍内閣総辞職を求めてハンスト中

 投稿者:藤森治子  投稿日:2018年 4月23日(月)16時10分11秒 120-51-151-231.nagano.fdn.vectant.ne.jp
返信・引用
 

4月23日(月)0時から、安倍内閣総辞職を求めて、ハンスト中です。

報告が遅れましたが、そういうわけで只今ハンスト中です。日本国政では目も当てられないような政治混乱の最中ですが、世界の歴史は大きな転換点を迎えています。

戦後70年強にして、ようやく朝鮮半島に春が訪れようとしています。長い朝鮮戦争の「休戦」に、ピリオドを打って、公式に「終戦」にし、「和平条約締結」について、米国、北朝鮮、韓国は協議中であるとのこと。これが実ることは実に望ましいことです。かつて、帝国主義者として朝鮮半島を支配していた日本にも、間接的には責任のある地域の喜ばしい発展です。政府はくれぐれも邪魔をしないように。

更に、キム委員長は「いかなる核実験も中長距離、大陸間弾道ミサイルの発射実験も必要なくなり、北部の核実験場も使命を終えた」「北朝鮮核実験とICBM発射実験中止、核実験場も廃棄と発表」とNHKは伝えています。

これまでの長い経緯を考えると、あまりに信じ難い展開で、半信半疑ですが、しかし示されている方向は誰もが望んできた方向です。日本のメデイアはいずれも訝し気な眼差しを送り、安易に信ずるなという信号を送っています。

恐らく最終結論に至るまでには、紆余曲折があると思いますが、「圧力、圧力」と叫び続けている日本政府は、もう少し柔軟な対応をし、「蚊帳の外」などといわれて、世界で孤立しないように、目先の小さな目的ばかりでなく、「東アジアの平和」という大目的を見通して、対処して欲しいと思います。

かつて、日本が植民地支配をしたという事実を深く恥じ、謙虚にその責任を自覚するという姿勢のなかからこそ、和平と友好は実現するはずです。まるで昔と変わらぬ上から目線であれこれ指図するような表現でものを言っている限り、受け入れられることは少ないでしょう。

?

 

安倍内閣総辞職を求めてハンスト中

 投稿者:藤森治子  投稿日:2018年 4月16日(月)01時44分12秒 server121.janis.or.jp
返信・引用
 

4月16日(月)0時から、安倍内閣総辞職を求めてハンスト中です。

4月14日の国会前の安倍退陣を求める集会は、夜の部まで入れるとのべ5万人集まったそうです。キャンドルデモは見たかったと思います。コールを叫んで元気にやるのはそれはそれで必要ですが、私は「沈黙のデモ」や「灯明デモ」という方法も場合によっては効果的だろうと思います。ポーランドの民主化運動・連帯では祈りから運動が始まったと読んだことがあります。何万人もの人々が、沈黙して座り込んでいるというのも、相手にとっては、なかなか怖いものが、不気味なものがあると思います。

今の日本のデモが、韓国や香港や台湾のデモと違うところは、連続的に出来ないところじゃないでしょうか。1日や2日で終わってしまったら、政府も時を稼げばやり過ごせると思うでしょう。60年安保闘争の頃は無期限ストが普通でした。問題は、そんなに毎日デモに参加できる人は多くはないということです。だとすれば、一定数の数が毎日参加できるように参加体制を組織することが必要になってきます。今のように自発的に参加するのは長閑でいいけれど、迫力には欠けます。その参加体制を組織する、ということが今は難しくなってきているのだろうと思います。本当は、自発的参加で連続性が維持できれば、それが理想的なのですが・・・現実は厳しい。

切実さが運動の形態を決めるとすれば、まだ私たちにはその切実さが足りないのかもしれません。

?

 

レンタル掲示板
/82