teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


スレッド一覧

  1. 足あと帳(0)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成

新着順:49/911 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

アベ政治を許さないハンスト中

 投稿者:藤森治子  投稿日:2019年 4月22日(月)17時54分2秒 222-228-55-19.nagano.fdn.vectant.ne.jp
  通報 返信・引用
 

4月22日(月)0時より、安倍政権退陣を要求してハンスト中です。

衆議院補選は、沖縄と大阪で、自民党は完敗したけれど、改憲の視点からいうと、一喜一憂ですね。大阪維新は自民党より激しい改憲論者ですから、安倍さんとしては、自民より嬉しいでしょう。

昨年9月の沖縄県議選で、オール沖縄の玉城知事を選出し、今年2月の県民投票で7割の人が「辺野古基地NO」の態度を示し、今回の補選で、再び、オール沖縄の屋良朝博氏を選んだのでした。3度目の念押しです。これ以上の民意の現わし方があるでしょうか。

ここまでの沖縄の意思表示を無視することはできないでしょう。政府はすぐにでも辺野古の工事は中止すべきです。今が、政府にとっては最後の退け時です。このまま突き進めば、インパール作戦並みになり、自民党政府は覚悟をすべき時が来るかもしれません。

「この方が参議院に上がってくると、米軍再編をめぐる沖縄の基地問題に関する国会での議論の質が劇的に変わると思う。屋良さんほど海兵隊を含む米軍の前方展開に詳しい専門家はいない。ただ、願わくば「オール沖縄」のポジショントークに陥らず、自らの知見に基づきバランスのとれた議論を期待したい。」

これは、元民主党タカ派で安全保障に強いと言われていた長島昭久氏のTwitterです。元沖縄タイムス記者・基地問題研究者の屋良朝博氏への評価です。その広い知見に、官邸は怖れているとも伝えられています。基地問題が、新たな段階を迎え、「無理が通れば道理が引っ込む」という民意を無視した政府の強引な手法が終わる日を予想させる朗報です。

 
 
》記事一覧表示

新着順:49/911 《前のページ | 次のページ》
/911