teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


スレッド一覧

  1. 足あと帳(0)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成

新着順:31/886 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

アベ政治を許さないハンスト中

 投稿者:藤森治子  投稿日:2019年 4月 1日(月)15時40分5秒 120-51-149-16.nagano.fdn.vectant.ne.jp
  通報 返信・引用
 

改元の大騒ぎとぶつかって、報告が遅れましたが
4月1日(月)0時から、安倍政権退陣を求めてハンスト中です。

国書から、万葉集から、ということが強調されていますが、そのことの意味が分かりません。数年前から、万葉集を万葉仮名で読んだり、その関連の本を少しは読んできましたが、「なんだかな~」という気持ちです。この「梅花の宴」については、大岡 信氏が『古典を読む 万葉集』(岩波現代文庫)でふれていますが、大宰府に左遷されていた大伴旅人が山上憶良をはじめ、三十数人のひとを集めて、梅花を見ながら歌を作った、文学史的には画期的な集会であったそうです。その歌32首の前につけられた漢文の序の一部が「令和」なる元号の曰くなのです。その一部を書き下し文にすると、こんな風です。

天平二年正月十三日、帥老の宅に集まり、宴会を申ぶ。時に初春月、気淑く風和   ぎ、梅は鏡前の粉を開き、蘭ははい(王に風)後の香を薫らす。

訳:天平二年正月十三日、大宰帥の宅に集まって宴を開いた。時は初春のよき月、     気澄んで快く、風やわらか。梅は鏡の前の白粉のように白い花を咲かせ、蘭は     匂い袋の香のようによい香りを発している。・・・)

続く文も、景色情景がまことに麗しく、そこでここに集まって梅を見、歌を詠じた、と以下32首の歌が続くのです。「初春のよき月」と「風やわらか」から漢字をひろってつなげたとて、それを元号にする必然性がどこにあるのか私にはわからない。文学的メッセ―ジは伝わってくるが、来るべき時代へのメッセージは何も感じられません。これから先、辛いことが多いから、梅花の美しさを愛で、その香に酔ったような気分で人生を送りなさいという謎か!!???

結論:元号に意味なし。

?

 
 
》記事一覧表示

新着順:31/886 《前のページ | 次のページ》
/886