teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


スレッド一覧

  1. 足あと帳(0)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成

新着順:118/902 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

19日に代替参加します

 投稿者:末延芳晴  投稿日:2018年 7月 9日(月)10時46分27秒 softbank126091120235.bbtec.net
  通報 返信・引用
  本日正午からの150回目の「ハンスト・イン」、「三田文学」の「永井荷風特集」の原稿をどうしても書き上げなければならず、そのためお休みし、今月19日に代替参加とさせていただきます。

悪しからず、ご了承ください。

さて、西日本を襲った大豪雨は、各地に洪水の被害をもたらし、ようやく収まり、昨日の午後から、京都はからりと晴れ上がり、夏の入道雲が空のそこかしこにニョキニョキと出ていました。

雨は丸三日三晩降りまくり、賀茂川はのたうつ大蛇のように暴れまくり、茶褐色の濁流がゴーゴーと音を立てて流れていましたが、幸い氾濫することはなく収まりました。

京都に住みだして15年近くになりますが、ほれほど長く、大量の雨が降ったことはなく、普段は、おとなしく、手弱女ぶりとでもいうのしょうか、何事も穏やかな京都が、奥深いところに隠し持つ凶暴さを、あらためて思い知らされたような気がしました。

それにしても、不思議なのは、普段より4~5メートル水かさが増し、凶暴に流れ下る賀茂川の水が、雨がやみ、一夜明けると、一気に河水が減り、いつもより1メートルくらい水かさが増した程度で、しかも水がやや茶色く濁った程度に収まっていることで、これは京都の市街区が南北に傾斜し、京都駅の辺りから、私の住む北区の大徳寺あたりとでは、たかだか5~6キロくらいしか離れてないのに、落差は50メートルくらいあり、そのため、賀茂川を流れる河水が一気に南に流れ下って、宇治川や淀川に合流していくからなのです。

そういえば、この間の北大阪の大地震も、京都の北部で震度4程度で、グラグラと揺れだしたときは、「来た!」と思い、急遽起きだして、「大丈夫か!」と大声を出して、階段をかけ下り、玄関を開けて、外に出ようとしたのですが、揺れは20秒程度で収まり、そのあと、特に激しい余震もなく、事なきを得ました。

さすがに、千年の昔から都がおかれ、「京は王城の地」と言われてきただけに、災害に強い町という感を、改めて強くした次第です。

最後になりましたが、今回の大洪水と北大阪の大地震で、避難されたり、被害を受けられた方々に、心よりお見舞いを申し上げます。






?
 
 
》記事一覧表示

新着順:118/902 《前のページ | 次のページ》
/902