teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

  1. 足あと帳(0)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


参院選、野党の健闘を祈ってハンスト中

 投稿者:藤森治子  投稿日:2019年 7月15日(月)21時13分20秒 120-51-147-126.nagano.fdn.vectant.ne.jp
返信・引用
 

7月15日(月)0時から、参議院選で野党連合が3分の1以上の議席になるように祈りながら、ハンスト中です.

現状のような数の少ない無力な野党では国会が動きません。ヒットラーが独裁政治をするためにまずしたことは国会の機能を無くすことでした。全権委任法で立法権を奪ってしまったのです。今、日本は同じ道を結果として歩みつつあり、とても危険な状態です。

だから、せめて、その流れにストップをかけるために、3分の1以上の野党が必要です。この参議院選は、それを取り戻すチャンスです。この機会を逃すと、今の状態が続き、日本は本格的にファシズムへの道へ進むことになりそうです。野党に力を!

 
 

7月の「9の日ハンスト」参加します。

 投稿者:高田眞佐子  投稿日:2019年 7月 9日(火)09時12分21秒 zaq771af8ba.zaq.ne.jp
返信・引用
   7月の「9の日ハンスト」参加します。間際の申し込みで申し訳ありません。 私も参加者の減少について考えてみました。 私は途中からの参加者なので、ネトウヨの攻撃があったことなど、しらずにいました。あれはいつだったか…夫が、パソコンを機種変更したので、そのおさがりのパソコンを譲り受け、インターネットをみるようになったのです。「ガンジーの会」のことも、ハンストによる、意思表示をなさっていることも、ネット上でしったのです。当時私たちの町でも立ち上げられた「九条の会」には参加していましたけれど、それ以上の活動はできなかったのです。「ハンスト」なら、家にいてできる、と飛びついたのでした。母親一人がハンストしていようと気を遣う家族ではなかったので、「完全に自己満足の世界ね!そんなことをしたって、世界は変わらなーい!」と娘がいえば、「オカン、9条だけは無理せんでも、大丈夫や!学校で、日本国憲法、っていう映画、みたばっかりや。」と息子もいって、むしゃむしゃたべていましたね。息子のほうはあの当時高校生でした。公立でもなく、進学校でもない私学にかよっていたからか…映画をみせて、日本国憲法の意味等おしえていただいたようです。彼も、一児の親となり、「子どもを政治利用せんといてや!」といってくってる今、憲法をどう考えているのやら、わかりません。ただ、確かに言えることは、減少傾向の一つに、世の中が、私がハンストに参加したころと現在では、大きく変わってしまった、ことが言えるのでは…とおもいます。子どもたちは、それぞれ、独立していますが、新聞も固定電話も、ありません。すべての情報は、スマホからです。うちの子たちに限らず、そういう家庭がふえているのではないでしょうか?スマホから流れるヤフーニュースだけでは、どれほどのことが伝わるのだろう…嘆いていても仕方ないので、「自分が変えられないために」意地みたいに、ハンストしていた親がいたことをせめて、子どもたちだけでも、覚えていてくれたら…と思います。
 

第162回「9の日・9条・ハンスト・イン」に参加します

 投稿者:藤森治子  投稿日:2019年 7月 9日(火)02時45分41秒 122-103-220-77.nagano.fdn.vectant.ne.jp
返信・引用
 

第162回「9の日・9条・ハンスト・イン」に、9日正午から参加します。

昨夜0時に定例のハンストが終わったばかりで、少々ハードなのですが、早目のお昼を頂いて、もう一日頑張ります。

今年の梅雨は、雨や曇りが多く、お日様があまりささないので、凌ぎやすいのですが、偶には青空と太陽を見せてくれないと、洗濯物が干せなくて・・・。

参議院の立候補者に女性が多くなって、とても華やかです。まだまだ半分とはいかないけれど、「政治分野の男女共同参画推進法」(候補者男女均等法)が成立したのは2018年5月のことです。それ以後はじめての国政選挙ですが、不十分とはいえ、一歩前進でしょうか。こうして10年も進めていけば、「オジサンが決めて、オンナ、コドモが従う」という風潮は少しづつ改善されて、もっと柔らかい人間的な政治が行われるようになるかもしれません。9条や戦争についての考え方も、もっと変わってくるに違いないと思います。期待しましょう。

【政党別の女性の候補者数と割合】

社民党     5人で 71.4%
共産党     22人で 55  %
立憲民主党   19人で 45.2%
国民民主党   10人で 35.7%
日本維新の会  7人で 31.8%

                    平均28.1%

自民党    12人で 14.6%
公明党       2人で   8.3%

 

参議院選で、野党共闘の勝利を願って

 投稿者:藤森治子  投稿日:2019年 7月 8日(月)19時36分10秒 122-103-220-77.nagano.fdn.vectant.ne.jp
返信・引用
 

7月8日(月)0時からハンスト中です。参議院選、野党共闘の候補者が一人でも多く当選しますように願って。なんとしても、3分の1以上の議席を獲得させたいと思います。

長野は一人区で与野党対決の構図です。野党共闘は、国民民主党の羽田雄一郎が野党共闘の統一候補なのですが、羽田孜の世襲候補だし、生ぬるくて不賛成の声もあったのですが、ここへきて、「みんなで靖国を参拝する会」も脱会したので、とりあえず良しとなりました。やはり、市民連合との共闘を目指して合意を詰めていくということが大切ですね。

毎年靖国参拝をしていて「なんだ、あいつは?」と思われていた人物が「9条は絶対に変えてはいけない。自分は平和な日本を子どもたちに手渡す為に議員になった。安倍総理の、自衛隊募集に都道府県の6割以上が協力を拒否している。だから憲法に自衛隊を明記するという発言に、とんでもない事だと怒っている。議員には憲法遵守義務がある。その議員が改憲を言い出すなんてのは間違っている。改憲は、国民の皆さんがこの部分については変えた方がいいと、そういう議論が高まってきた時に考えることだ。日本は立憲主義、民主主義の国。」と言って、靖国参拝は再考するということで、結局脱会となりました。

結局議員も発展途上の人間です。市民が何を願っているか、それを知れば、それなりのことは考えるということでしょう。おかげで、そうでなくとも地盤を引き継いだ有利な条件があったのですが、これで立憲、国民民主、共産、社民の協力を得られ、現在有利に先頭を走っています。このままいってくれればいいのですが・・・。

皆さまの方の参議院選の情勢はいかがですか。

 

第162回「9の日・9条・ハンスト・イン」に参加します

 投稿者:相良 健  投稿日:2019年 7月 8日(月)09時51分37秒 KD121111047057.ppp-bb.dion.ne.jp
返信・引用
  米国は、欧州やその他の国々と共に調印したイランとの核兵器抑止の合意から離脱し、一方的にイランへの制裁を宣言しました。現在、米軍の空母リンカーンと爆撃部隊が、中東に配置されています。まさに一触即発の状態です。米国の軍事力は圧倒的で、一旦戦闘が始まれば、何十万、何百万人ものイラン国民が傷つき、血が流れ、命が失われます。米国の攻撃でイランに多くの犠牲者が出て、その家族や友人の悲しみが生まれます。今、ジョン・レノンが望んだ『世界の平和』に反する重大な事態が起きようとしているのです。政治的ではなく、人道的に、米国によるイラン攻撃が絶対に始まらないよう心から祈り、ハンストに参加します。  

安倍自民党政治の退陣を求めてハンスト中

 投稿者:藤森治子  投稿日:2019年 7月 1日(月)21時28分21秒 120-51-146-25.nagano.fdn.vectant.ne.jp
返信・引用
 

所用が重なり一日パソコンに触る時間がありませんでした。安倍自民党政治退陣を求めて、7月1日(月)0時からハンスト中でした。あと3時間ほどで終了しますが・・・。

時間がありませんので、詳しくは終了報告に書きます。

 

アベ政治を許さないハンスト中

 投稿者:藤森治子  投稿日:2019年 6月24日(月)20時08分35秒 115-179-92-52.bkipp.fdn.vectant.ne.jp
返信・引用
 

6月24日(月)0時から、安倍政権に退陣を求めると同時に、来る参議院選で、野党共闘が成果を得られるように、応援しながら、ハンスト中です。

梅雨らしい梅雨の日々です。雨に濡れた紫陽花の美しい季節になりました。梔子やラベンダーも咲き始めて、梅雨の晴れ間に花を訪ねる楽しい時期でもあります。

久々に原点に戻って、ガンジーさんの言葉を:

ハンストなどして、何の役に立つだろうと、ときどき無力感に襲われる時の「処方箋」。

「あなたがすることのほとんどは無意味であるが、それでもしなくてはならない。そうしたことをするのは、世界を変えるためではなく、世界によって自分が変えられないようにするためである。」

「行為が実を結ぶかどうかは、自分ではどうなるものではなく生きているうちにわかるとも限らない。だが、正しいと信じることを行いなさい。結果がどう出るにせよ、何もしなければ何の結果もないのだ。

 

安倍政権の退陣を求めて

 投稿者:藤森治子  投稿日:2019年 6月17日(月)22時07分36秒 220-247-61-45.nagano.fdn.vectant.ne.jp
返信・引用
 

毎度、報告が遅れています。

6月17日(月)0時から、これ以上安倍自民党政権に日本を壊させないために、抗議して、ハンスト中です。そして、来るべき参議院選挙では、野党共闘に大きな実りがありますように。少なくとも、(全部で)3分の1以上の議席を獲得するように、応援したいと思います。日本の民主主義を取り戻す大事な選挙です。

どうも、ホルムズ海峡のあたりの雲行きが怪しくなってきました。米とイランの仲介に行ったはずの安倍さんは、逆に刺激して「火」をつけてしまったのでしょうか、それとも嵌められたのでしょうか。日本の会社のタンカーが攻撃されたのも、アメリカはイランがやったのだと言っていますが、アメリカだって信用ならないのです。ベトナム戦争の時のトンキン湾事件、イラク戦争の大量破壊兵器の捏造を思い起こせば、十分アメリカが「犯人」ということもあり得ます。今日ロシアが「日本タンカーを攻撃したのは米国無人機」と発表しています。さて・・・

いずれにしても、とにかくこれ以上過熱しないように願います。日本は安保法案審議の時に、さんざん、石油輸入の経路としてホルムズ海峡が重要であり、「存立事態危機」の事例として、ホルムズ湾の危機を煽り、アメリカが危機に陥った時には、集団的自衛権を行使できる法律を作ってしまったのです。もしアメリカとイランが戦争にでもなれば、自衛隊を派遣する口実になるでしょう。

アメリカの政権中枢も危ういです。ボルトンやポンぺオというイラク戦争時にも大活躍した好戦派が、トランプさんと組んでいるのです。ボルトンがこのトランプさんの「火遊び」をチャンスとばかりに利用する可能性もあります。イランではボルトン一派を「Bチーム」と呼んでいて、その危険な役割を承知しているようです。

本当は、安倍さんは、イランへではなく、アメリカへ核合意を一方的に破棄したことを撤回するように説得に行かなければならなかったのです。

下のURLは、ロイターに載っていた「制御不能の危機」の解説です。非常にこの地帯の事情がよくわかる解説です。

*コラム:ホルムズ海峡緊迫、真のリスクは「制御不能」の危機 (ロイター)
https://jp.reuters.com/article/mideast-tanker-kemp-idJPKCN1TF0SV

 

参加報告

 投稿者:末延芳晴  投稿日:2019年 6月10日(月)00時02分0秒 softbank126091120235.bbtec.net
返信・引用
  本日正午より、161回目の「ハンストイン」に参加しています。

いくつもの段ボール箱にたまった、古い資料や書類を整理していたら、

今から14年前の2005年2月9日にスタートした「9の日・9条・ハンストイン」に
参加された方々の名簿が出てきました。参加した人たちは、全部で35名で、お名前は以下の通りです。

*第一回「9の日・9条・ハンストイン」参加者リスト

 1.鶴見俊輔   京都市

 2.香取俊介   東京都

 3.飯村孝夫   東京都

 4.山本淑子   東京都

 5.池宮正信   米国メイン州バーハーバー

 6.池宮智子   同上

 7.高橋如安   埼玉県川越市

 8.白岡順    千葉県習志野市

 9.藤森治子   長野県長野市

10.山川トモコ  兵庫県

11. Tutti

12.横山紘一   埼玉県飯能市

13.横山サト子  同上

14.相良和彦   福岡県北九州市

15.どんぐり   北海道帯広市

16.藤崎康    東京都東村山市

17.安平淑子   長野県

18.新海寛    長野市

19.地球遊子   愛媛

20.坂口茂代   長野県長野市

21.丸田晶子   長野市

22.はたやん   長野市

23.頑固親父

24.乾ゆうこ   奈良市

25.山下美紀   東京都

26.奥村大介   神奈川県横須賀市

27.Maeda Fusayo 名古屋市

28.松本ブドリ  長野県松本市

29.池邉幸恵   兵庫県西宮市

30.村川あつし  千葉県鴨川市

31.pipi

32.末延芳晴   京都市

33.generation reen 茨城県

34.れいまま   宮城県

35.とんぼ    北海道


あれから14年余り。参加された35人のうち、今も参加しているのは、代表の私と
副代表の藤森治子さん、途中から参加された大阪の高田真佐子さん、そしてお父上の意志を継いで、
昨年から参加されるようになった相良健氏の4人のみ。

「ハンストイン」は、初回以降、いわゆるネトウヨからの猛烈な攻撃を受け、一時は閉鎖の声も上がるほど
窮地に追い込まれたのですが、ネトウヨの中核分子と思われる理論はをターゲットに、粘り強く反論し、
何故私たちが24時間のハンストリレーとハンストインを立ち上げ、継続してきたかについて説明、反論を
加えていったところ、次第にネトウヨからの荒らしは減っていきました。

そして参加者は次第に増え、一時期は80名近くの心ある人々が参加してくださっていたのですが、運動が長引くのに従って
参加者は、30人台、20人台、10人台とヘリ、ついに4名となってしまいました。

さてそれではなぜ減ってしまったのか? 一番大きな理由は、24時間のハンストとはいえ、精神的、身体的負担が大きく、
継続して参加するにはよほどの強い意志を持ってなければ不可能だということ。

第二に、強い意志を持っていても、家庭の主婦などは、夫や子供のために食事を造らなければならず、食事を作りながら、
あるいは作ったうえで、家族が食事をしているなかで、一人自分だけハンストをするのはほぼ不可能ということ。

それともう一つ、最近気が付いたことですが、このような抗議、あるいは抵抗運動を続けていくには、その反応というか、
結果的な成果、あるいは効果が期待されなくては、継続することができなくなるということです。

つまり、今、安倍首相と自民党が強行しようとしている、憲法改悪のプログラムは、改憲問題とは別の何の理由でもいい、どんな理由であれ、
安倍首相が辞任に追い込まれれば、挫折してしまうはずのものなのですが、安倍首相は、どんな不祥事や国会無視、憲法違反行為を犯しても、
絶対に辞任しない。

何故辞任しないのか、理由は二つ。一つは、国会の衆参両院で、自民+公明党の連立与党が3分の2以上の議席を確保しているから。

それともう一つ、安倍+自民党がどんな不祥事や国会無視を繰り返しても、国民の方が、絶対に支持率下げさせようとしないから。

この二つの原因が重なって、安倍+自民党は、野党や良心的市民がどれほど非難し、抗議運動を展開しても、カエルの面に水の例えの通り、
全く反応せず、無視を貫いている。いえ、それどころか、内心ではせせら笑っているわけです。

こうしたことが重なって、良心的な市民の間に、何を言っても無駄、何か抗議の声を挙げたり、行動に参加しても「空しい」という気分が広がり、
それが、例えば、私たちの「ガンジーの会」のハンストリレーなどに参加することを躊躇させているのではないでしょうか。

そうして意味でも、7月の参院選では、何が何でも野党連合に3分の1以上の議席を取らせ、私たちの反対運動の具体的成果を国民の前に示すことが
大切だと思います。

苦しい戦いが続いていますが、もうあと一か月我慢し、参院選で野党連合に3分の1以上の議席を獲得させれば、私たちは健法を守るための、長く苦しい市民の運動の最初の「成果」を手に入れることができるはずなのです。
 

第161回[9の日・9条・ハンスト・イン」に参加します

 投稿者:藤森治子  投稿日:2019年 6月 9日(日)08時50分37秒 120-51-153-30.nagano.fdn.vectant.ne.jp
返信・引用
 

第161回{9の日・9条・ハンスト・イン」に参加します。

個人的にしているハンストは一部重なるので、今回はハンスト・インの日程、9日正午~10日正午で兼ねさせていただきます。歳のせいでしょうか、36時間は無理になってきました。

参議院選が近づいてきました。野党共闘はどうなるかとハラハラ見てきましたが、今日の段階で全1人区で野党共闘の立候補を決定することができたとのことです。つくづく教育と同じだなあと思いました。前回の政権交代時は、あまりの有様に怒ったり匙を投げたりしましたが、状況を考えれば、批判し叱ってばかりいたのでは、当事者たちとて、元気になれないし、実力も発揮できなかったことでしょう。

だから、これは教育と同じなので、しばらくじっと我慢して見守ることが必要と思って、この一年を見てきました。ようやく野党共闘も実りつつあるようです。ここへきて、人権の立憲民主、経済の国民民主、それを結ぶ役目の共産という役割が見えてきました。一緒の党になったらどんなにか・・・と思いますが、それ以上のことは望みますまい。とにかく、選挙を一緒に闘ってくれさえすれば、とりあえずは、よしとしましょう。

風は野党に有利に動いてきています。消費税、年金、経済政策などで,有権者はみんな怒っています。昨日、国民民主党代表の玉木氏がこんなことを呟いていました。

「不都合な真実を隠さず選挙前に出して欲しい。年金はすべての国民の生活に直結するテーマ。まさに選挙で争点にすべき。私は、応分の負担のもと、尊厳ある生活を支える最低保証年金(給付)が望ましいと考えます。年金支給水準 見通し公表は参院選後か 将来の低下確実で、もうこれ以上先送りはダメだ。とにかく、今すぐ「こども国債」発行してでも子育て・教育の支出を倍増させよう。第三子1000万円給付のコドモノミクスは批判されたけど、思いつくこと全部やろうよ。あと、結婚してなくたって生まれてきた子どもは社会全体で全力で育てようよ。」

経済については、さすが元財務省官僚です。かなり具体的な提案が出来そうですね。ここにきて、とても元気になってきましたね。

野党共闘が、実りある選挙の結果につながるように、応援していきましょう!成功を祈りつつ、ハンストに入ります。

?

 

レンタル掲示板
/89