teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


まだ聞いてます

 投稿者:まゆ  投稿日:2017年 8月15日(火)16時39分51秒
  セント・ギガのプログラム、まだまだ聞いています。
夏の間は海のコンテンツを中心に。
 
 

(無題)

 投稿者:通りすがり  投稿日:2014年11月 4日(火)01時00分40秒
  stgigaの最後の大株主だった都築さんはもう亡くなってたんですね。
これで、あの膨大な音楽ソースが
どこに行ったかさえも、永遠にわからなくなってしまいました。

皆さんの手元にあるソースだけが stgigaを伝えるのみとなりました。
 

追伸

 投稿者:Sue  投稿日:2013年 7月25日(木)11時26分18秒
  URLにメールアドレスを乗せ忘れましたので念のためもう一度書き込んでおきます…
掲示板荒らし申し訳ありません。
 

1年ぶりの訪問でしたが・・・

 投稿者:Sue  投稿日:2013年 7月25日(木)11時22分52秒
  管理人様こんにちは。1年前に書き込ませていただきました、Sueと申します。
久々に訪れようとしたら、まさかSt.GIGA Foreverもなくなっていたとは・・・。
なんとか検索に検索をかさね、ようやくこのBBSが残っていることを知り、ここに書き込んでいる次第です。

長い間、サイトの運営お疲れ様でした。
いつかきっとSt.GIGAが復活することを望みながら…また来ます。
メールアドレスもURLに載せておきます。

ちかこJoさんの言葉を勝手にお借りさせていただきまして…
St.GIGA Forever!
 

風のかなしみ

 投稿者:ちかこJo  投稿日:2013年 3月23日(土)01時28分22秒
  管理人様、お久しぶりです。

3月に入ってテレビ各局の報道番組が震災特集を組む中、
あまりにもリアルな風の音を聞きました。
本当に誰も居なくなった、福島のとある町からの、NHKの中継でした。
この音を語り継げるのは、NHKとSt.GIGAくらいではないかと思えるような音でした。

思えば試験放送の頃のある日、湾岸戦争が勃発しました。
多国籍軍がイラクを空爆したことが1面で報じられた新聞の、
St.GIGAのprogramは以下のようなものでした。
0:00 ナチュラルソニック「砂漠への祈り」
15:00 トワイライトグロウ「風のかなしみ」
18:05 ナイトパッセージ「星からの願い」
21:05 ボイスインドリーム「聖地への声」
23:30 地球の夢

これが確認できるのは、1991年1月18日の朝日新聞です。
図書館の縮刷版で見ることができます。

地球のかなしみにも寄り添うSt.GIGAは、
福島の風の音をはじめ、被災地の音を全国に届けることもできたでしょうし、
被災地に癒しの音を届けることもできたでしょう。
今生まれていたならば、そういう重要な役割も担う放送局であったと思います。

…という話をカキコみに来たら、サイト終了と…。
風の音に呼び寄せられたのかもしれません。
終了前に知ることができてよかったです。
探したらもうなかった、では、失うものが大きすぎます。

管理人さんにはまた近々mailします。
当方address(provider)変えたというのもありますので。
それでは、St.GIGA Forever!
 

(無題)

 投稿者:むらさき  投稿日:2013年 3月 4日(月)23時28分23秒
  管理人様。
終了ですか…、残念でなりません。
St.GIGAも今生まれていたならば、ネット配信も出来たし、全然違っていただろうにと…。
サイトもできればまだ生かしておいてほしいですが、費用も発生するでしょうし…。
今までどうもありがとうございました。
 

(無題)

 投稿者:管理人  投稿日:2013年 2月 7日(木)11時51分36秒
  >むらさきさん お久しぶりです。

「感謝」なんてとんでもないです。
この掲示板も放置状態の怠慢な管理人で申し訳ありません。
常連のsard様はじめ、昨年書き込んでいただいた方には
全くお返事もしてませんでした。あらためてお詫び申し上げます。


2003年3月末に「セント・ギガ」としての放送を終了してこの3月で
丸10年となります。
「クラブコスモ」から「WINJ」になるタイミングの2003年10月に
このホームページを開設して以来、多くの方に支えられてまいりましたが、このページもそろそろその役目を終えたようですので、これを区切りに終了させていただこうと思います。
今までおつきあいいただきまして、ありがとうございました。
 

久しぶりに

 投稿者:むらさき  投稿日:2013年 2月 6日(水)21時29分16秒
  懐かしんでる方々、多いですね…。
この場を設けていただいている管理者の方に感謝しきりです。
 

あの頃

 投稿者:africafe  投稿日:2012年11月23日(金)15時59分19秒
 

何となくセントギガを想い出し、このサイトに。
本放送開始直後から聞いてました。社会人1年生、初めての
東京暮らし。試験放送で存在を知り、セントギガ単独で契約。
WOWOW兼用の契約でないのは、珍しいとのことでした。
(専用デコーダーは、同社からプレゼントして貰いました)
土曜が休みじゃなかった頃、慣れない社会人生活に参った
カラダには、セントギガの自然音と音楽は、何よりでしたね。
今でもデコーダーを飾ってあります。見た友人は、コレ何?
と聞きますが、「俺の宝物の一つだよ」と・・・。

 

2年ぶりにきました

 投稿者:sard  投稿日:2012年11月15日(木)19時13分47秒
  録り溜めたセントギガを聴きながら仕事をしていてああやっぱりいいなあと思いこちらの掲示板も思い出し2年ぶりにふとのぞいてみたらやはり同じように懐かしむ人の書き込みがポツンポツンと!
こんにな細く長く存続する掲示板も珍しいですね…
廃局目前に録音に明け暮れていた頃から比べるとセントギガを聴く割合も少なくなりましたがやはり他に替えがたい魅力があります。チルアウト系のネットラジオなどでDJ名をカンムリにした「誰それミックス」というのがありますがそんな感じでたとえ既成の楽曲をベースにしていてもセントギガのサウンドクルーによる編集、自然の音、寮さんの詩、ときに英語以外でもながれたりするステーションコールがなんともいえない魅力を醸し出しています。
著作権の切れたクラシック曲などで構成された番組をだれか HPで公開~注目された頃に競売でテープを競り落とした会社が「じゃあポッドキャストででも再放送してみるか」てなことにならないかなどと妄想してみますが…だれが買っているのかわからないCDランキングやくだらなさの極みのようなテレビ番組が溢れる巷にむかしこんなに燃えたラジオ局があったのだぞということを見せつけてやりたい気持ちです。次のどなたかの書き込みまで何週間も何ヶ月も経ってしまうのでしょうが壮大な空振り覚悟で久しぶりに書き込みました。ちょっとハズカシ...
 

レンタル掲示板
/18