teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

  1. 足あと帳(0)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


アベ政治を許さないハンスト中

 投稿者:藤森治子  投稿日:2017年 7月17日(月)00時54分29秒 server121.janis.or.jp
返信・引用
 

7月17日(月)0時から、安倍退陣を求めて、ハンスト中です。

先週後半あたりから、インターネットの世界で流れている“Abe is over”という替え歌です。なかなかよくできた替え歌で、背景も工夫されています。替え歌とはいえ、歌の力には言葉を越えたものがありますね。まだご覧になっていない方はぜひ!

*ABE IS OVER
https://www.youtube.com/watch?v=lnYOtOl318Y

 
 

参加報告の訂正

 投稿者:末延芳晴  投稿日:2017年 7月10日(月)07時34分2秒 softbank126091120235.bbtec.net
返信・引用
  昨晩書き込んだ「参加報告」の冒頭の記述で、安倍内閣の「不支持率」について、「支持率は7.4ポイント上がって、49.2%だそうです」とありますが、「不支持率」の誤りです。  

138回目の「9の日・9条・ハンスト・イン」がスタトーしています

 投稿者:「ガンジーの会」代表:末延芳晴  投稿日:2017年 7月 9日(日)23時59分12秒 softbank126091120235.bbtec.net
返信・引用
  会員及び支援者各位


本日(7月9日)正午より、第138回「9の日・9条・ハンスト・イン」がスタートしました。

今回の「ハンスト・イン」には、以下の方々が参加しておられます。


1.藤森治子    長野

2.高田真佐子   大阪  *7月8日正午から9日正午まで参加

3.末延芳晴    京都


 

「ハンスト・イン」に参加しています

 投稿者:末延芳晴  投稿日:2017年 7月 9日(日)23時51分34秒 softbank126091120235.bbtec.net
返信・引用
  本日正午より、138回目の「9の日・9条・ハンスト・イン」に参加しています。

今日の日本テレビの世論調査によると、安倍内閣の支持率は、前回より8ポイント下がって、
31.9%で、支持率は7.4ポイント上がって、49.2%だそうです。

支持率が31.9%というのは、第二次安倍内閣成立以降、最低だそうで、これだけ急激に支持率が下落すると、内閣改造とか外交成果を強調しても、これまでのように、一旦下がった支持率が再び上昇するようなことは、不可能ではないか・・・つまり、安倍内閣は「死んだ」という見方が広がってるようです。

その一つの根拠は、同じ日本テレビの世論調査で、都民ファストの圧勝で、自民党が歴史的惨敗を喫したことについては、妥当だとする意見が67.7%だったのに対して、都民ファストが、次の国政選挙で候補者を擁立することについては、期待するが26.6%だったのに対して、期待せずは55.2%だったということです。

つまり東京都民は安倍政治に「ノン」を突きつけるために、他の選択肢がないから都民ファストに投票し、結果として大勝利を収めた。

そして日本国民は、東京都民のそうした選択を支持したものの、都民ファーストが国政選挙に候補者を立て、安倍+自民党の改憲攻勢に

同調しようとすることに対しては、「ノン」と答えたということになるわけです。

実は、私は、都議会選挙で都民ファーストが圧勝したことについて、安倍政治に「ノン」の鉄槌を下したという意味では、大いに溜飲を下げたわけですが、小池都知事と都民ファースト代表の野田数と言う男が、ガリガリの改憲論者で、現行憲法をただちに停止させ、新憲法を施行すると公言してきた人物なだけに、今回の大勝利の勢いに乗じて、国政に進出し、

維新フィーバーの東京版がこの先、展開されるのでないかと恐れていたのですが、国民は、思っていた以上に冷静で、都民ファーストの正体を見抜いていたと言っていいのではないかと思います。

随分と遠回りで、遅まきではありましたが、国民はようやく、今、安倍晋三という男の、そして安倍政治の正体に気づいたようですね。

このように、安倍政治に対する国民の意識がはっきりと変わり、潮目に劇的変化が現れてきている中、国政レベルで、都民ファーストに匹敵する、安倍+自民党政治の受け皿となるオルタナティブ・パワーが台頭してくれば、安倍+自民党の改憲攻勢を一気に粉砕することが可能だろうと思うのですが、今の民進党の体たらくを見ていると、到底受け皿にはなりえそうにありません。

伝えられるところでは、野田幹事長は、都議会選挙の責任を取って、辞任の意向を明らかにしたそうですが、民進党内部が慰留の声が挙がっているとのこと。

また、蓮舫代表の国籍問題で、国籍を国民の前に公表して説明すべきだという声も、民進党内から挙がっているとのこと。事、ここに至っては、蓮舫代表は、一旦身を引いて、代表の座から降り、国籍問題をクリアーにしたうえで、捲土重来を期すべきではないでしょうか。

そして、蓮舫代表が辞任した後には、民進党は起死回生の手段として自由党と合併し、小沢一郎氏を代表に、元代表の鳩山由紀夫氏を顧問に招き、枝野幸男氏や山尾志桜里氏、自由党から移ってきた山本太郎氏、森裕子氏ら若手を中心に執行部を組み、「安部+自民党の独断政治粉砕」、「憲法改悪断固反対」の旗印をかかげ、共産党や社民党との野党共闘路線を一層強固に推し進めめていって欲しいものです。
 

7月8日正午~9日正午まで、ハンスト参加します

 投稿者:高田真佐子  投稿日:2017年 7月 9日(日)11時41分24秒 server121.janis.or.jp
返信・引用
  7月8日正午~9日正午までの、変則ハンスト、参加します。勝手ですが、9日は、「福島に生きる」写真展を私達の町で行うことになりました。私達は、月一度の「9の日行動」のほかに毎週金曜日、反原発を訴えるチラシをまいてきました。もぅ6年になります。わたしなど、中心になって活動してくれている人が作ってくださった、チラシをまいているにすぎないのですが…。7月9日は、その活動に参加している人達が、企画展をするのです。私は、ただ、お手伝いをするだけですが。ハンストは、少し、繰り上げて参加します。この写真展は、最近フクシマに行かれた人が撮影してきたものを中心に掲示。あとは、詩の朗読や、フリートークなどで、今一度フクシマ以降の私達のことを考える会になれば、とおもいます。 日本国憲法を誠実に読みこの憲法がのぞむ、社会の実現に、みんなで、心してとりくんでいたら、こんなことには、ならなかっただろう、と思うと、くやしいです。 一番、守らなければならない、権力の側にある人間が、積極的に憲法を踏みにじろうとしている光景に何とも言えない虚しさと怒りをかんじています。

(高田さん、お知らせのBBSからこちら参加のBBSに移しました。藤森)

?
 

第138回「9の日・9条・ハンスト・イン」に参加します

 投稿者:藤森治子  投稿日:2017年 7月 9日(日)11時38分11秒 server121.janis.or.jp
返信・引用
  9日正午から、第138回「9の日・9条・ハンスト・イン」に参加します。
このがたがたになった政治状況は、また新しい兆しかも・・・とわずかな望みをつないで・・・。まず、自民党の中から、自由でも民主でもない安倍政治を批判する勢力が出てこないことには・・・。
 

第138回「9の日・9条・ハンスト・イン」のお知らせ

 投稿者:「ガンジーの会」世話人会  投稿日:2017年 7月 7日(金)07時08分23秒 softbank126091120235.bbtec.net
返信・引用
  会員及び支援者各位

毎月恒例の「9の日・9条・ハンスト・イン」が近づいてきました。

138回目に当たる今月の「ハンスト・イン」は、7月9日(日)の正午からスタートします。

先月16日には「共謀罪」を強行採決し、衆参両院を通過させ、安倍+自民党はますます改憲攻勢を強化させようとするものの、森友・加計問題での安倍首相と内閣府の関与の疑いがますます強まる中、通常国会は会期を終了。そのまま逃げを図ろうとする政府・与党に対して、野党は臨時国会の開催を要求。それに対して政府・与党が応じようとしないことで、内閣支持率は10ポイント以上も急落。不支持率が支持率を上回る世論調査の結果も出てきています。

衆参両院で3分の2以上の議席を与党が占めていることと、高い支持率を背景に、これまでやりたい放題、横暴非道の限りを尽くしてきた安倍+自民党にようやく暗雲が垂れ込めてきた感じです。

さらに加えて、東京都議会選挙で、自民党が惨敗を喫してたことで、安倍+自民党の改憲攻勢は一頓挫をきたそうとしています。

こうした事態にあって、安倍+自民党は、野党の要求する臨時国会は開かないまま、ずるずると引き延ばしを図り、その間に北朝鮮のミサイル実験などで脅威を煽る一方、得意の外遊で、支持率の回復を図り、秋の臨時国会で自衛隊の存在を九条に併記するという安部改憲案を国会に上程し、強行採決で成立され、来年は国民投票と言うスケジュールで事を運ぼうとしています。

これに対して、私たちは、都議選における安倍+自民党惨敗という歴史的「事件」を契機に、民進党+共産党+自由党+社民党の野党共闘が、一層共闘体制を強化し、安倍+自民党の改憲攻勢に対して反転攻勢に転じるべく、総力を挙げて取り組むことを通して、巨大な「反改憲」国民戦線が結成されることを求め、7月9日から24時間断食による「ハンスト・イン」に入りたく思います。

参加を希望される方は、本会HPの「ガンジーの会よりお知らせ」のサイトにアップされている、呼掛け文と実施要項を読まれたうえで、本サイトで参加表明を行ってください。

皆さまの参加を、心よりお待ちいたしております。

尚、今月5日付で、「ガンジーの会より提言:「共謀罪」強行成立を受けて野党共闘は今後どうあるべきか」が掲載されています。

そちらの方も、ぜひ読んでみてください。
 

アベ政治を許さないハンスト中

 投稿者:藤森治子  投稿日:2017年 7月 3日(月)02時08分29秒 server121.janis.or.jp
返信・引用
 

7月3日(月)0時から、安倍自公政権退陣、共謀罪廃止、安保法制廃止、特に安倍首相の辞任を求めてハンスト中です。

東京都議選の結果は、予想以上の自民党の大敗北で終わりました。当然の結果とはいえ、ひとまず胸のつかえがおりましたが、代わって登場した「都民ファースト」なるものの正体がよくわかりません。小池都知事は、衆議院議員時代には「日本会議国会議員懇談会」に属しており、2015年には副会長までしていたといいますから、それなりの人的つながりは今でももっているでしょう。また、都知事選出馬の頃の外国特派員協会で、かつて「在日特権を許さない」という差別団体で講演会をしたことが確認されています。更に、今回「都民ファースト」から立候補し、当選した人の中には、日本会議の影響下にある人が何人かいます。

こういう事実を知って、都民は「都民ファースト」を選んだのでしょうか?ともかく自民党はイヤだから、とりあえずそれに代わるものとして、安易に流れた可能性は十分あり得ます。小池氏は、「政界渡り鳥」といわれるくらい、機を見るに敏な才能の持ち主ですから、よくも、悪くも、状況によってはどう変わるかわからない・・・。

「都民ファースト」は地域政党のままであってほしいと思います。これが「日本ファースト」になったらと考えると、自民党以上に恐ろしいです。私は、「都民ファースト」は、「大阪維新の会」と同じ運命をたどるような気がします。思想基盤がなく、見た目に派手やかなポピュリスト集団。弱者には冷たいと思いますよ。

 

アベ政治を許さないハンスト中

 投稿者:藤森治子  投稿日:2017年 6月26日(月)11時48分57秒 server121.janis.or.jp
返信・引用
 

6月26日(月)0時から、安倍自公腐敗政権退陣、共謀罪廃止、安保法制廃止、憲法9条改悪反対、を求めてハンスト中です。

沖縄慰霊の日に、中日新聞に載った安倍さんの背中を見つめる翁長知事他沖縄の人々の目の鋭さにはすごいものがありました。「恨みの目」でした。写真って、厳しい現実を切り取って見せてくれます。

加計問題で「丁寧な説明」から逃げて、都議選の応援からも逃げて、神戸あたりに途中下車して、「正論」の懇話会で、またとんでもないことを口にしました。「お仲間」にカッコいいところを見せたかったのでしょうか。「1か所だけに作ることにしたから誤解を招いた。これから獣医学部を全国展開する」と・・・。もはや、錯乱か・・・と思ったら、昨日は「あまり批判が続くから頭にきて言った」と言い訳したとのこと。「頭にきて」政策を決めるようでは、本当に思慮なく軽い首相です。

その際、「この秋の臨時国会に自民党の憲法改憲案を提出する」とも口走っていました。尻切れトンボで終わった通常国会の積み残し課題について、野党・立憲4党が要求した、閉会中審議にも応じず、更に、憲法53条に基づいて、臨時国会も拒否しております。現憲法を守らず、無視するような政権が、憲法を改憲するですと!安倍さんの都合に合わせた「憲法」など、誰が支持するでしょうか。まず、現憲法を誠実に守って、直ちに臨時国会を開けといいたいです。

日々批判の強まるなかで、安倍さんはもはやまともな判断力を失って、執念と我執だけで暴走を進行中です。こういう手負いの政権は、何をするかわかりません。一刻も早くの退陣を求めます。

*憲法53条:内閣は、国会の臨時会の召集を決定することができる。いずれかの議院の総議員の四分の一以上の要求があれば、内閣は、その召集を決定しなければならない。

今、安倍さんにできることは、そして、加計氏が本当の「腹心の友」であれば、「この決定が政界や国民に批判を受けて混乱してしまった。ここは一旦白紙に戻して、断念し、次の機会を待って欲しい」と加計氏に申し渡すのが良識ある大人じゃないでしょうか。

 

アベ政治を許さないハンストを始めます

 投稿者:藤森治子  投稿日:2017年 6月18日(日)23時12分4秒 server121.janis.or.jp
返信・引用
 

6月19日(月)0時から、安倍自公腐敗政権総辞職、共謀罪法廃止、安保法制廃止、秘密保護法廃止、9条改悪反対を求めて、ハンストをします。

52年前の今日、私は安保条約に反対し警察に拘留された仲間の解放を求めて、警察署の構内に座り込んでいました。条約は翌日は自然成立することが分かっており、俯くと涙が地面に吸い込まれていきました。私は未だ20歳にもなっていませんでした。雨模様の梅雨冷えの今日、半世紀も昔のことをありありと思い出しました。

岸信介は、安保条約を強行採決した翌月、辞任・総辞職しました。
安倍晋三は、この4年間に秘密保護法、安保法制、共謀罪という違憲の法律を強行採決をし、悪の限りを尽くしました。もう十分でしょう。怒りと24時間のハンストをもって、安倍首相の辞任を求めます。

 

レンタル掲示板
/69